効果 育毛剤 成分

髪の毛の主成分であるケラチン

効果のある育毛剤には、ほとんどと言って良いほどケラチンが含まれています。
ケラチンは髪の毛の主成分であるタンパク質で、頭皮の角質層の構成成分でもあります。
ケラチンが髪の毛に占める割合は、なんと99%と言われています。
m-1育毛ミストには、こんなケラチンが加水分解ケラチンとして含まれています。
こんなケラチンの具体的な効果としては、繊維質を丈夫にして内側からコシや潤いのある強い髪の毛へと導くことにあります。
丈夫で抜け毛になりにくい成長期の長い髪の毛を生成することは、抜け毛を減らして髪のボリュームをアップさせることにも役立ちます。

有効成分の浸透性を高める酵母エキス

効果のある育毛剤には、酵母エキスが使われているものも多いです。
酵母エキスは育毛剤選びにそこまで重視する方はいないのですが、実は物凄く重要な役割を果たしているのです。
市場に出回っている育毛剤には、それなりに良い有効成分が使われています。
でも、残念ながら有効成分が、確実に頭皮の細胞に届いていないものも多いのです。
頭皮の細胞に有効成分が届いていなければ、十分な育毛効果を実感することは出来ません。
この問題点を見事に解決してくれるのが、酵母エキスです。
m-1育毛ミストには加水分解酵母エキスが使われているのですが、有効成分が頭皮の細胞に吸収されやすくしてくれるのです。

安全性の高い抗菌成分ペンチレングリコール

効果のある育毛剤は、毎日気分良く使用できることにも十分こだわったものが多いです。
「毎日安心して継続使用できる=十分な効果」と言うことなのでしょうね。
こんな心地良さに貢献してくれている成分には、ペンチレングリコールがあります。
m-1育毛ミストに含まれているこの成分には、優れた抗菌作用や保湿効果があります。
しかも、アレルギーや敏感肌の方でも安心して使用できるほど、安全性の高い抗菌剤として高く評価されている成分です。
水にも油にも溶けやすい性質で、サラッとした感覚が特徴です。
「m-1育毛ミストは水みたいにサラサラ。」と言うのは、ペンチレングリコールによるものなのでしょうね。

フェノキシエタノール、精製水には何の意味がある?

効果のある育毛剤に使われている成分には、フェノキシエタノール、精製水などもあります。
フェノキシエタノールは防腐剤として使用されるアルコールの一種で、パラベンに比べると極めて毒性の低いものです。
せっかく購入した育毛剤も、防腐剤が全く使われないのでは数日程で変質してしまいます。
天然成分を多く使用したものほどその危険性が高く、フェノキシエタノールが使用されていることはやむを得ないことです。
最小限の防腐剤と言う意味では、まだ良い方かも知れませんね。
通常の水道水ではなく精製水が育毛剤に使われるのは、純水である精製水の方が低刺激で浸透性に優れているからのようです。
確かに、育毛剤や化粧品を手作りする時には、水道水ではなく精製水を使うよう作り方に書かれていることが多いですよね。

 

M-1育毛ミストが男性型脱毛症(AGA)にも効果を期待できる理由